コラム|宇都宮市滝の原の歯科・歯医者|やす・かずCharm歯科

時間 日祝
9:15~13:00
15:00~18:30

休診日:日曜・祝日
★:水曜午後・木曜午後は14:00~17:30

〒320-0846
栃木県宇都宮市滝の原2-4-35

  • 地図
  • メニュー

子どもがむし歯になりやすい理由

皆さんこんにちは。

やす・かずCharm歯科です。

 

当院では、0歳からのむし歯予防を提案しておりますが、それは子どもが大人よりもむし歯になりやすいからです。

 

そこで今回は、「子どものむし歯リスクが高い理由」についてわかりやすく解説します

 

正しい歯磨き習慣が身に付いていない

乳幼児はもちろんのこと、小学校に上がってもまだ正しい歯磨き習慣が身に付いていない子どもは珍しくありません。

 

例えば、ひとり磨きに関しても、それを習得するまでに「長い年月を要する」ものなのです。

 

そのため小学校低学年まで、親御さまによる「仕上げ磨き」が欠かせないお子さまはたくさんいらっしゃいますよね。

 

乳歯は歯質が未成熟

乳歯は、大人の歯である永久歯と見た目はあまり変わりません。

 

大きさや色は少し異なりますが、立派な歯の形をしているので、永久歯と同様に硬さを備えているように見えますよね。

 

けれども、実際の乳歯は永久歯よりも「未成熟」であり、やわらかくできてきます。

 

つまり、むし歯菌が産生する「酸で溶かされやすい」のです。

 

これもまた子どもがむし歯になりやすい理由のひとつといえます。

 

食生活が乱れやすい

小さなお子さまは、発育途上にあるのでたくさんの栄養を摂取しなければなりません。

 

その分、間食もおおくなることでしょう。

 

とくに、甘いものが大好きなので、「砂糖を多く摂る」傾向にあります。

 

砂糖はむし歯菌の大好物であり、むし歯のリスクも上昇することから、シュガーコントロールはもちろんのこと、食生活そのものを正しい方向へと導いてあげる必要があります。

 

当院であれば、そうした「食育も含めた予防プログラム」をご提案することができます。

 

まとめ

このように、子どもがむし歯になりやすい理由は、実に多岐に渡ります。

 

それらをひとつひとつていねいに解消していくことが大切ですが、親御さまだけではなかなか難しい部分もありますので、ぜひ当院に協力させてください。

 

歯科医師や歯科衛生士だけでなく、看護師や管理栄養士などとも連携しながら、しっかりとサポートいたします。