コラム|宇都宮市滝の原の歯科・歯医者|やす・かずCharm歯科

時間 日祝
9:15~13:00
15:00~18:30

休診日:日曜・祝日
★:水曜午後・木曜午後は14:00~17:30

〒320-0846
栃木県宇都宮市滝の原2-4-35

  • 地図
  • メニュー

進行度によって変わる歯周病の症状

皆さんこんにちは。

やす・かずCharm歯科です。

 

歯周病は「歯ぐきが赤く腫れる」だけの病気と思われがちですが、その他にもいろいろな症状が現れます。

 

今回はそんな歯周病の症状を進行度別に解説します。

 

軽度の歯周病

軽度の歯周病とは、いわゆる「歯肉炎(しにくえん)」のことです。

 

細菌感染や炎症が歯ぐきだけに限定されており、歯ぐきが赤く腫れる、ブラッシング後に出血する、といった症状が主となります。

 

見た目にインパクトがある症状ばかりですが、「早期治療」が実現できれば、比較的かんたんに治すことができます。

 

中等度の歯周病

中等度の歯周病では、歯肉炎から「歯周炎(ししゅうえん)」へと移行しています。

 

歯周炎は、歯ぐきだけではなく、歯根膜や歯槽骨といった組織にまで細菌感染が広がった状態です。

 

歯周ポケットも深くなり、口臭がきつくなり始めるのもこの時期です。

 

とはいえ、顎の骨の破壊はそれほど進んでいないので、「基本的な治療だけで治せる」ケースも少なくありません。

 

重度の歯周病

歯周病が重症化すると、いよいよ「歯ぐきや顎の骨の破壊」も進行します。

 

歯ぐきが下がることで歯が伸びたように感じたり、歯槽骨が支持能力を失って、歯がグラグラ揺れ動いたりするのがこの時期です。

 

末期症状としては「歯の脱落」が挙げられます。

 

その他、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病といった全身の病気へと発展することもあるため十分な注意が必要です。

 

歯周病は自覚しにくい病気

ここまで、歯周病の症状について解説してきましたが、実は「沈黙の病気」とも呼ばれるように、この病気は自覚しにくい特徴を有しています。

 

症状としてはいろいろなものが現れるのですが、やはり「痛み」を伴わないことから、自覚できない傾向にあるといえます。

 

そのため、気付いた頃には重症化していることも多々あります。

 

まとめ

このように、歯周病は自覚しにくいものの、進行度に応じてさまざまな症状が認められる病気です。

 

上述したような症状が少しでも見られる場合は、すぐに当院までお越しください。

 

重症化させないよう、早期に治療を始めましょう。